広島県 三原・世羅の観光情報や体験・アクティビティ情報

特集

さくらバスツアー体験記【2021.03.26】

佐木島~昼食~竜王山~八天堂ビレッジ

ご近所の仲良しで参加した広島市内在住の応和睦恵さん(80:左)と井上道子さん(79:右)

AM7:00 広島駅出発 快晴^^

三原港到着 フェリー(25分)で佐木島へ

ここ佐木島は日本一新幹線の駅(三原駅)から近い離島で、三原駅から三原港まで徒歩で5分。フェリーに乗って25分で遊びに来ることができる島なのです。毎年8月にはトライアスロンが開催される県道一周約10kmの温暖な島で、島の至る所に祀られているお地蔵さんには献花が絶えない優しい島です。

磨崖和霊石地蔵

また、港のすぐ横にある磨崖和霊石地蔵は鎌倉時代(1300年)に平茂盛が願主となり、仏師念心により造立され、県の重要文化財に指定されています。通称「和霊石地蔵さん」と呼ばれています。高さ2.7m幅4.7mの花崗岩に浮き彫りにされた座像は、満潮になると肩まで沈み、干潮になると全身が現れる全国でも類を見ないお地蔵さんです。

映画の撮影舞台

フェリー乗り場の目の前には、「100歳の映画監督」として著名だった広島県出身の映画監督・新藤兼人さんの代表作「裸の島」の撮影舞台となった「宿祢島」を望め、映画ファン垂涎の場となっています。

塔の峰 千本桜

訪れたのは「塔の峰 千本桜」。「まだ満開じゃないのが残念」と言いながらも「これから咲こうとしているのも悪くないじゃない!」と写真を取り合う2人。井上さんは3か月前に足を手術しリハビリも兼ねての参加。「少しずつ動かさないとね!」。その気持ちが若い秘訣かも!

港の丘公園

その後は港近くの「港の丘公園」へ。残念ながら桜はつぼみだけど、ここにはいろいろな道祖神が置かれ、楽しましてくれました。

港で見つけた自由市場

港で自由市場を見つけた2人。「あらっ、安いじゃない!」。じっとしてはいられないようで・・・

昼食は三原市内に戻り、登喜将本店で三原名物たこ尽し^^三原のタコは瀬戸内の速い流れに耐えるため、脚が短く弾力があり、美味!

瀬戸内の多島美が一望できる竜王山

昼食後は瀬戸内の多島美が一望できる竜王山(445m)へ。「ちゃんと送ってよ」とベンチに座ってLINEで写真を送りあう2人。若い!

八天堂ビレッジでパン作り体験

最後は八天堂ビレッジに寄って「パン作り体験」。

「鼻や目がもじゃもじゃない~!」と大笑いしながらはしゃぐ2人。

焼きあがったパンを見て「あたしのは口が裂けてる~!」(応和さん)とまたまた大笑い^^
「ツアーに参加して楽しかった。また案内してね~^^」と最後まで仲良しのお二人でした。

参加したツアー

さくらバス日帰りツアー
瀬戸内海の魅力!佐木島の桜と(日帰り)

【出発・終着】広島駅北口発着
【旅行代金】大人:7,000円 子供(6~11歳・小学生):6,500円
【代金に含まれるもの】昼食、八天堂カフェリエパン作り体験
【コース】広島駅北口⇒三原港~鷲港⇒塔の峰千本桜⇒道祖神の丘⇒港の丘公園の桜⇒鷲港~三原港⇒三原市内(昼食)⇒竜王山公園の桜・瀬戸内海一望スポット⇒八天堂カフェリエ(パン作り体験)⇒空の駅オーチャード⇒広島駅北口