広島県 三原・世羅の観光情報や体験・アクティビティ情報

特集

三原市・世羅町
紅葉スポット

三原市・世羅町には広島県内でも有数の紅葉スポットがあります。是非(密を避けて)お出かけください。


三原市

佛通寺

臨済宗佛通寺派大本山

1397年,安芸の国沼田荘の武将小早川春平が,愚中周及(ぐちゅうしゅうきゅう)禅師を迎えて開山した臨済宗佛通寺派の大本山で,禅界随一の秘境。佛通寺の名称は,愚中周及の師である即休(そくきゅう)契(けい)了(りょう)を勧請(かんじょう)開山(かいざん)( 本来その寺の 開山 でない僧を開山として信仰すること)とし, 彼の諡号(しごう)(佛通禅師: 徳の高い人や高い地位の人などが死後に、生前を称えておくる名前。おくりな)を寺名にしたことを起因としています。
境内には,含暉院(がんきいん)地蔵堂、絹本著色大通禅師象(いずれも国重要文化財)、石造宝篋印(ほうとういん)搭(国重要美術品)、県天然記念物のイスマキなど多くの文化財や景勝地があります。一帯は,県立自然公園に指定され,四季を通じ,自然環境に恵まれた好適地です。
11月の特別拝観に合わせて,紅葉の佛通寺をライトアップします。

佛通寺

住所:広島県三原市高坂町許山22
電話:0848-66-3502
紅葉の見どころ時期は11月中旬頃
紅葉時期は拝観料、駐車場代を予定
アクセス:三原駅からバスで40分 駐車場有


三景園

広島空港すぐ近くの中央森林公園内にあります。広島県の山渓谷・瀬戸内海の風景をイメージにした回遊式庭園。四季を通じて様々な花や紅葉を楽しむことができます。

入園料

個人

大人 270円 ※320円
小・中学生 130円 ※160円

団体(20名以上)

大人 220円 ※270円
小・中学生 110円 ※130円

※花まつり、もみじまつり期間中次のいずれかに該当されるお客様は、入園料が無料となります。
■ 満65歳以上の方
  ※年齢が確認できる公的証明書(免許証、保険証等)のご提示が必要となります。
■ 身体障害者手帳をお持ちの方
■ 療育手帳をお持ちの方
■ 戦傷病者手帳をお持ちの方
■ 精神障害者手帳をお持ちの方
  ※各種手帳のご提示が必要となります。
■ 大人(満20歳以上の者)同伴の小中高生
■ 広島県内の大学等に在学する外国人留学生の方
  ※HICカードのご提示が必要となります。
  ※各証明書のご提示がない場合、通常の入園料が必要となります。
  ※入園後の払い戻しはできません。必ず入園前に受付にご提示ください。
  ※病院の診察券は無効です。

三景園

住所:広島県三原市本郷町善入寺64
電話:0848-86-9200
もみじまつり11月5(金)~11月23(祝)
ライトアップは期間中の土曜日
開園:4月~9月 9:00~18:00 入園は17:30まで
開園:10月~3月 9:00~17:00 入園は16:30まで。3月の土・日・祝の開園時間は、9:00~18:00。
アクセス:山陽自動車道 本郷ICから車で10分、本郷駅から車で15分、山陽自動車道 河内ICから車で8分


御調八幡宮

備後国総鎮護(びんごのくにそうちんご)

769年に備前国藤野郡(現在の岡山県和気町)出身で、奈良時代末期から平安時代初期にかけて活躍した貴族の和気清麻呂が直諫(ちょっかん)(率直にいさめること)の罪で大隅国(現在の鹿児島県)に流され,その姉の広虫(法均尼 ほうきんに)が当地に流された際,宇佐八幡をまつり,清麻呂の雪冤(せつえん)(無実の罪であることを明らかにすること)を祈願したことがはじまりと伝えられる由緒ある神社。

御調八幡宮

住所:広島県三原市八幡町宮内13
電話:0848-65-8652
アクセス:JR三原駅からバスで40分、山陽自動車道 三原久井ICから車で5分(東へ4km)


海南山道場院 観音寺

観音寺のご本尊は、行基菩薩の作といわれる十一面観世音で、この仏像は1058年頃、豊田郡高崎沖に出現したといわれるものでその後三原市沼田に移し安置されていました。この仏像が弘安の頃(1278年〜1287年)諸国遊行をしていた時宗宗祖の一遍上人の目にとまり、小坂町水無谷に道場を建立しこの仏像を本尊にして祀られ、上人が開祖となりました。慶長3年(1598年)城下のこの地に移されました。
本尊 十一面観音 行基菩薩作 厨子は尼子家臣佐世伊豆守源政勝寄進(後小早川家臣)

海南山道場院 観音寺

住所:広島県三原市東町3-5-3
電話:0848-64-6963
アクセス:三原駅から徒歩約19分


世羅町

今高野山

世羅町甲山を中心とする世羅郡の東半一帯は大田荘と呼ばれ、鎌倉時代以来、紀州高野山が所有していました。
藤原時代初期の秀作、木造11面観音立像(重要文化財)をはじめ、鎌倉時代の作で墨塗りに金泥や朱で彩色された丹生神社の獅子頭(重要文化財)など貴重な文化財が数多く残されています。
春は桜、秋は紅葉の名所として親しまれています。桜の見頃は4月上旬頃。紅葉は例年11月上旬から11月中旬頃まで、神之池を中心に色づきはじめます。写真愛好家にも人気の県内でも有数の紅葉スポットになっています。今高野山の参道にある福智院は、平安時代に宿坊僧坊として開かれたもので、現在は世羅茶などを提供するカフェとなり甘味などが味わえます。

今高野山

住所:広島県世羅郡世羅町甲山
アクセス:中国バス 甲山営業所から徒歩で5分、尾道松江線 世羅ICから車で5分