広島県 三原・世羅の観光情報や体験・アクティビティ情報

NEWS

インバウンド観光向け、広島県三原市PR動画を プロボノ人材を活用して制作し、発信します

情報提供日
2023年01月13日(金)

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、インバウンドは一時皆無状態となりましたが、昨年10月からの入国規制緩和により復調の兆しがあり、今後も円安やG7広島サミットの開催を契機にさらに増加する見通しです。
 今回、三原市内の観光事業者がチームを作り、インバウンド観光を目的とした三原市内の魅力を発信する動画を制作し、チームが所有するオウンドメディアを活用した情報発信に取り組みます。制作には、民間事業者へ委託するのではなく、プロボノ人材※を活用した新たな手法で取り組み、今回、市内での取材を実施します。

1. 内容

(1) ターゲット
 三原市への国籍別インバウンド数は、①台湾②中国③シンガポール(2020年実績)であり、台北便再開も含め,東アジア圏を第一ターゲットとする。また、世界遺産を有する広島市内へは欧米豪のインバウンドが多い傾向にあることから、第二ターゲットを欧米豪とし、三原市への誘客を目指す。
 第1ステップとして、広島空港~台北便再開に伴う、東アジア圏からの観光や経済需要の獲得を目的とした取り組みから実施する。

(2) スキーム
チームは、(株)空・道・港、(一社)三原観光協会、三原市で構成し、プロボノ参加者を募り、プロブラム企画を共同制作するmarysony株式会社(代表 大内麻里)と連携し、MIHARAを海外へ向けアピールできる動画を制作する。
 台湾出身者を含めたプロボノメンバーが、1月20日(金)~22日(日)の2泊3日で三原市内を取材・撮影し、三原の魅力(食・自然・体験)を「女子旅」をイメージにしたおすすめコースとして紹介する。中国語(繁体字)で紹介するとともに、英語のテロップで補足する。

(3)プロボノメンバー
大内麻里
吉田恵理
miwa @pinkmiwa
タイ イフィ @ tai_yifei

(4) 情報発信
制作した動画は、チームが所有する各オウンドメディアで発信する。
・(株)空・道・港 : 公式ホームページ、公式Youtube、公式Instagram
・(一社)三原観光協会 : 公式Facebook、公式Instagram
・三原市 : 公式Youtube・公式Facebook・公式Twitter  など
   

2. 取材場所・内容(予定)

1月 20 日(金)
 広島エアポートホテル(ホテル総料理長特製黄金汁そば、など)
1月 21 日(土)
 三景園 (庭園散策、錦鯉の餌やり) ⇒ 八天堂カフェリエ(パン作り体験、ランチ)
 ⇒ 空の駅オーチャード(買い物) ⇒ おはぎのこだま(タコ天の食体験)
 ⇒ 古民家カフェ &宿 むすび(ディナー&宿泊)
1月 22 日(日)
 須波港(フェリー乗船) ⇒ 大久野島(うさぎ観光)⇒ 瀬戸内醸造所(ランチ)
 → ※変更 ZONA FORTUNATO(レストランテ ゾーナ フォルトゥナート)(ランチ)
 ⇒ すなみ海浜公園(海辺散策)⇒ うきしろロビー(だるま 面相描き体験)
 ⇒ ゑびす家(買い物)⇒ 登喜将(ディナー)
   

3. 配信開始

2023年2月下旬予定

■プロボノとは
「公共善のために」を意味するラテン語「Pro Bono Publico 」を語源とする言葉で,「社会的・公共的な目的のために,職業上のスキルや専門知識を活かして取り組むボランティア活動」を意味する。