広島県 三原・世羅の観光情報や体験・アクティビティ情報

イベント情報

小早川隆景展~おかえりなさい。ふるさと三原~

日程
 2022年7月30日(土)~2022年8月15日(月)
エリア
三原エリア

小早川家歴史資料を御披露目します。

上記写真:写真家・村上宏治

隆景公は,筑前国(現在の福岡県)などでも活躍し,今でも「殿様」と慕われています。
しかし,最後に,終の棲家として選んだのは「ふるさと三原」でした。
1533年 生誕(郡山城・安芸高田市)  (数え年)1歳
1552年 新高山城入城  20歳
1567年 三原城築城  35歳
1585年 秀吉から伊予国を拝領  53歳
1587年 秀吉から筑前国などを拝領  55歳
1595年 隠居し,三原城へ帰る  63歳
1597年 三原城にて亡くなる  65歳
隆景公の思いが,資料とともに「ふるさと三原」へ帰ってきます!

小早川家現当主である小早川隆治氏から譲渡される小早川隆景公の関係歴史資料8件と平成29年度に寄附いただいた資料を合わせて展示します。

■主な展示資料

・毛利元徳書状
1880年,小早川家再興に際して,毛利家が所蔵する隆景の肖像画を譲り渡すことが記されている。

・小早川隆景書状
小早川隆景公の直筆の書状。
山県平八郎にあてた書状で,急ぎ返事がほしい旨の内容となっており,緊迫した状況が伝わってくる。

・小早川隆景公仮寝図 邨田丹陵筆
隆景公が柱によりかかり,うたたねをしている姿を描いたもの。

・碧蹄館勇戦図 1894年邨田丹陵筆
1593年,隆景公が,明(みん)の大軍を敗走させる大手柄をたてた「碧蹄館の戦い」の様子を描いたもの。

・鐙
馬具。騎乗中に乗り手の足を支えるもの。

・鉄錆地六十二間小星兜・面頬
飾りや金具には,小早川家の紋の「左三つ巴(ひだりみつどもえ)」が配されている。

■7月30日(土)
10:00~10:20 オープニングセレモニー
11:00~12:00 小早川治氏トークショー
10:00~16:00 毛利三兄弟のまち特産品販売(リージョンプラザ屋外広場)

■開催期間中
サムライゴゼン弁当(毛利食弁当)復活!

主催:三原市・三原市教育委員会

※会場内では新型コロナウイルスの感染症対策を講じております。ご来場の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
今後の状況によっては中止となる場合があります。最新情報を三原市ホームページでご確認のうえ、ご来場ください。

詳細

時間 9:00~17:00(7月30日は10:00開場)
場所 三原リージョンプラザ 展示ホール
料金 無料
エリア 三原エリア
住所 広島県三原市円一町二丁目1番1号
お問い合せ 三原市文化課
電話 0848-64-9234
詳細URL

マップ

>